上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちは。YAMATOです。




先日、映画を見ました!








何を見たのかというと………、












それは、プライベートライアンです。
ryan1.gif


これは、どんな映画なのかというと……、


『プライベート・ライアン』(原題: Saving Private Ryan)はアメリカで1998年に公開された戦争映画。第二次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦を舞台に、1人の兵士の救出に向かう兵隊たちのストーリー。監督はスティーヴン・スピルバーグで主演はトム・ハンクス。救出されるライアン役をマット・デイモンが演じている。製作・配給はドリームワークスとパラマウント。原題の"Saving Private Ryan"とは、「ライアン2等兵の救出」という意味。

アカデミー賞では11部門にノミネートされ、興行面でも全世界で大きな成功を収めた。





ストーリー→

「史上最大の作戦」ノルマンディー上陸作戦。掩蔽壕の機関銃座から猛烈な銃撃を受けながらもオマハ・ビーチ上陸作戦を生き残った米軍第5軍第2レンジャー大隊C中隊隊長のミラー大尉(トム・ハンクス)の下に、米第7軍第101空挺師団第506パラシュート歩兵連隊第1大隊B中隊に所属するジェームス・ライアン2等兵(マット・デイモン)をノルマンディー戦線から探し出し無事帰国させよ、という任務が下った。ライアン家の4人兄弟はジェームス以外の3人の兄弟が戦死し、彼が唯一の生存者であった。息子たちの帰国を本国で待つ母親に息子全員の戦死の報せが届くのはあまりに残酷だ。たった一人だけでも生かし、母親の下に息子を返してやりたいという軍上層部の配慮だった。ミラーは兵士一人を救出するために部下の命を危険にさらす任務に乗り気ではなかったが、危険極まりない敵陣深く進入し、ジェームス・ライアンを救出するための捜索を始める。
ストーリ自体は完全なフィクションであるが、442連隊戦闘団がテキサス大隊を救出する実話をモチーフにしている。







これ、凄いです!!!!!








これを見た後は、自分の生きる意味自分がここにいることの尊さを考えさせられました。






そして最後の、トム・ハンクスの言葉がほんとに胸の中にズバッときました!!!!!!!!!!





その言葉は…











映画で!!






皆さんも是非見てみてください!!!






YAMATOでした!!!





クリック!
にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。