こんにちは!そしてはじめまして!
「ベリー」と申します。
名前の由来は「いちご味」が大好きだから、「ストロベリー」から拝借しました!
ポイントは、いちごそのものではなく、いちご味が好きなところです。
いちご味の商品を見ると悶えてしまいます(ノ*゚∀゚*)ノうはーっ♪
※もちろんいちご本体も好きです。
そんなわけで今回はおすすめのいちご味のお菓子を紹介し…ません!←


突然ですが、夏の最大の敵といえば何でしょうか?

集中的に右足を攻撃してくる蚊?
突如部屋に侵入してくるセミ?
最後の3日間で終わらせる宿題?

いやいや。奴らは中ボス程度のレベルですよ。


真のボスとは…


夏バテである!

[もうしょが あらわれた!
 もうしょは なつバテの じゅもんを となえた!]


某ゲーム風にあらわすとこんな感じですかね。

この夏バテに対抗するためには…
夏バテの原因を知っておく必要があります!

夏バテが起こる経路は以下の通り↓
暑さ→睡眠不足や発汗、ストレス→ビタミンの消耗や体温調節の乱れ、胃腸障害⇒夏バテ_(:з」∠)_

夏バテの症状としてあげられるものは、
全身の疲労感、だるい、無気力、イライラ、熱っぽい、立ちくらみ、めまい
むくみ、食欲不振、下痢、便秘、眠い、発汗過多、思考力の低下、のどが渇く

などなどです。

そして!夏バテの呪文に対抗するには、それ相応の「呪文(対策法)」が必要です!

◎Eat(しっかりと食べる)
暑い夏は食欲がなくなってあまり食べなくなったり、麺類などの炭水化物に偏ったりしますよね。
不足しがちな栄養を摂取でき、なおかつ夏バテに効果的な食材を紹介しちゃいます!
まず、疲労回復するビタミンB1を多く含む食材として豚肉、レバー、うなぎ、納豆、豆腐、ゴーヤがあります。
ビタミンB1の吸収をよくするアリシンを多く含むニラ、玉ねぎ、にんにく、長ネギと一緒に食べると良いそうです♪
あと、疲労回復に効果のあるクエン酸を多く含む食材に酢、ゆず、グレープフルーツ、レモン、梅干があります。
その他、暑さで弱った胃を保護するオクラや山芋、体の余分な熱を冷ますトマトやナスやきゅうりなど、
夏バテに効く食材を食べましょう!

◎drink(水分をこまめに補給する)
暑い夏には大量に汗をかきます。軽作業だけでも1日になんと2~3ℓもの汗をかくそうですΣ(゚Д゚;)
だから、こまめに水分を補給することが大切です。
ただ、汗によって塩分やミネラルも失われているので、それらを含んだものが理想的です。
※冷たすぎたり、一度に大量の水を飲んだりすると、吸収されにくく、胃腸が冷えてしまいます!

◎control(冷房温度を調節する)
暑い夏に大活躍の冷房ですが、室温と外気温の差によって自律神経のバランスが乱れてしまいます。
俗に言う「冷房病」というやつです。冷房病は現代型の夏バテです!
冷房病になると、手足の冷え、寒気、のど・頭・腰の痛み、肩こり、だるさ、お腹の不調などの症状が出ます。
冷房の温度設定は28~30度に設定し、上着ひざかけを使って体を冷やさないようにしましょう。

◎sleep(しっかりと寝る)
暑い夏には、寝苦しかったり、なかなか寝つけなかったりする日が多いと思います。
睡眠が不十分だと、体に疲れが蓄積して体温や発汗を機能させている自律神経のバランスが狂ってしまい、
結果的に夏バテになってしまいます!
暑い夏の夜にぐっすり眠る方法は、冷房をうまく活用すること通気性の良い寝具やパジャマを使うことです。
先ほども書いたように、冷房の温度を28度くらいに設定し、タイマー設定にしておきましょう。
また、暑い夏とはいえ、冷やさないようにお腹には布団をかけておきましょう!

これらの呪文をぜひとも覚えて使ってください!


ところで皆さん、
「夏バテ」「熱中症」って、同じものだと思っていますか??

実は別物なんです!

夏バテは急激に体調が変化するというものではなく、数日~数週間かけて、
徐々にじわりじわりと体調に影響を与えるものです。

熱中症は急激な熱感作により、ほんの数時間のうちに体調に急変をもたらすもので、
早急に処置しないと、生命にも関わってくるような危険な状態です。

最近も熱中症で病院に搬送される人をニュースでよく見ます。

ここで気をつけてほしいのは、室内でも熱中症になるということです!
熱中症もこまめな水分補給塩分の摂取涼しい環境が必要です。
しっかりと対策して、今年の夏を乗り切りましょう(`・ω・´)!
関連記事
スポンサーサイト
Secret