上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お元気様です!ベリーです♪(/・ω・)/ ♪

昨日は暴風もきて大変でしたね・・・!!

みなさん風にすっ飛ばされないように気を付けてください!!!

さて、今日は先週・先々週と行われた天雲未来塾について報告します!



今回のテーマは「イスラム国について」でした。

先週の土曜日に5人で調査し、

今週の水曜日に大学図書館の一室を借りて、報告・ディスカッションをしました。

第7回目では、

以下の流れで進めていきました。

20151128_115516_380a.jpg

①ディスカッション
②調査
③共有
④次に向けて

①では、とりあえずみんなの知っている情報を共有し、

②では項目を4つあげてそれぞれ調べていきました!
・そもそも「イスラム国」とは?
・これまでの出来事
・日本の対応
・これからの動向

③で共有した結果、

1.そもそも「イスラム国」とは?
○イスラム国の最高指導者はアブ・バルク・バグダディ(イラク人)
シリア北部のアレッポからイラク中部のバグダッドまでを領土とし、シャリア(イスラム法)
に基づくスンニ派のカリフ制の国家。実動部隊は1万人あまり。
この組織のことをISIS(Islamic State of Iraq and Syria)とか
ISIL(Islamic State of Iraq and Levant)などとも言われている。
⇒大規模なイスラム教原理主義過激派(スンニ派)の武力組織
イスラム国の目的は、イスラーム圏を統一し、イスラーム法に沿った国案を設立すること。


他にも武器の拡大や、問題の過激さなどの指摘がありました。

2.これまでの出来事
○イスラム国ができるまで
2003年 イラク戦争後にアルカイダ系の過激派組織結成
2011年 シリア内戦に参戦
      →周辺国の武装グループを吸収
        このころからアルカイダと対立する
2014年 シリア北部をほぼ制圧 
      6月上旬にはイラク第二の都市モスルを制圧
                          
                    イスラム国樹立の拠点
2014.6.29 最高指導者アブバグル・バグダディがイスラム国樹立を宣言


○日本人拉致に対する流れと現在
2014.8   湯川遥菜さんを拉致
2014.10  後藤健二さんを拉致
2015.1.20 身代金要求ビデオがweb公開
       →日本は応じない
   .1.24 湯川さん殺害
   .1.27 後藤さんとリシャウィ死刑囚との交換を要求
   .2.1  後藤さん殺害
            ・
            ・
   .5.17 シリア中部のパルミラやその周辺の集落・ガス田を襲撃
       シリア政府軍と交戦中


3.日本の対応について
○今月1月に日本人が人質にとられたとき→人命第一、「テロには屈しない」 
  ・中東への食糧・医療などの人道支援拡大
 ・ISISの対策として2億ドルを拠出
  この2億ドルは動画に登場した兵士の言う爆弾や子供や女性を殺すための
  お金ではなく、無実の人々を支援するためのもの。


○アルジェリア人質事件(2013.1.16)
  日本人など外国人41人が拘束(日本人10人)
  フランス軍によるセルヴァル作戦の停止、逮捕されたイスラム過激派メンバーの釈放
  →「人命救助優先で対応」


4.これからの動向
○イスラム国は今後も大規模テロをしかける予定
2011年9月11日に起きたニューヨークテロと同等かそれ以上のテロを計画している
イギリスやその他の軍がイスラム国の支配エリアに侵入してくることを防ぐための「十字軍とスリムの戦い」
このテロは、欧米軍がイラクやシリアに侵入できないくらいの被害を与えるものだと予言されている。
標的:マンハッタン、ニューヨーク


ざっくりまとめるとこんな感じです!

④では来週の見通しとして、
『私たちにできることは?』『日本としてやるべきことは?』を話し合うことにして閉会しました!

20151128_102820_872a.jpg


続く第8回は、図書館の一室をお借りし、

前回の報告を受けて、イスラム国への疑問点などを挙げたうえで、

その根本的な原因と、解決策を導き出していきました!

91bUd0151qaez6db1m4tu.jpg

ディスカッションがかなり話が深化していきまして…

簡単にまとめると、

イスラム国の目的は「国を建てること」

その起源をたどってみると、

聖地エルサレム争奪によるイスラム教国(アラブ)と、

ユダヤ教国(イスラエル)の争いが続いている。


(第一次・第二次・第三次中東戦争や湾岸戦争など)

イスラエルを支援しているアメリカを討ったのが9.11テロであり、

それに対抗したアメリカが加担したとするアフガニスタン、イラクを攻撃(アフガン戦争、イラク戦争)

あれほどまでに過激な戦いができるのは、イスラム教の教えであるジハード(聖戦)があるから。

自爆したとしても、多宗教の人々を殺したとしても、

『聖戦によって亡くなれば、神アッラーのもとで暮らすことができる』


9dfUd0156thy62qshfuz.jpg


こんな結論になりました!!

情報量が多いので整理しながら話し合っていきましたが…

結局のところ、今のイスラム国の原因は、

『イスラム教とユダヤ教の宗教紛争』

ということになりました・・・!

806Ud0156mcrni9oqnk7.jpg

次回は何を研究しましょう・・・!?!?
乞うご期待!
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。