どーも、コルテオです。

3日前テストを終えて参りまして、いやぁ~一安心ですなぁ(´∀`*)




この度はカテゴリにもあります通り(!?)、我々の活動の中心とする統一原理っっっっっッ__

その中で解いてある内容について今回からちょっと触れていきたいと思います









題して、「宗教と科学」ッっ











今このとき、私という一個人がこの世にもう一人いるなら…


そんなことよく考えたりしませんか?  







実際に昨今、ヒトゲノムとやら言われておりますが、もしかするとヒトを人工的につくることが可能なのでは?

ということでその研究もされているようです







ここで触れていきたいのはそのヒトゲノムの研究ではなくて、


生命倫理としての見方から突っ込んだはなしをします









例えば、今は日常茶飯事のように、ヒトが病院で死んでいく...


安楽死の問題もそう、生きるのが辛そうだから、もう延命治療なんかしなくてもいいっなんてことも

・・・






科学の発展は時にこんな場面を生んでしまう


そこで問われてくるのが倫理、道徳といった宗教観。








えっ、(-_-;)しゅ~きょ~っ  なんて言ってるあなた!


けっこう日本ではカルトなどと悪の秘密組織みたいで阻害されてますけど、





あのアメリカなんて、とても宗教との関わりが濃いんです!


アメリカの地にたどり着けば、 どこの宗教、信仰しテマスか? などと聞かれるそうで


国民の約8割はクリスチャンです



大学の議論も熱くなり、感情移入しやすいアメリカの学生の背景には


宗教が大きくあるのだと思います




そして、日本においては東日本大震災で意識が高まった


ボランティアキリスト教の発祥によるものです





それで、その宗教観がまさに発達した科学のフィルターになっているんです






かのアルバート・アインシュタインの名言にも

宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教は盲目であるとあります

アインシュタイン_convert_20120217235403




















人間の善悪の判断基準というのも、周りと比較して行動していることも多いのでは?


この世界には法律がありますが各国でも異なりますし、とても相対的です






まさに今の時代、宗教と科学は統一されないといけないッ というのです!




というのが、原理が訴えている問題です







ではなぜ統一されていくのがいいのか? 


そして今までどんな背景の中でわたしたちは過ごしているのか?

・・・・・・







次回をお楽しみに





↓いつものクリックもよろしく
にほんブログ村 大学生日記ブログ ゼミ・サークルへ
にほんブログ村


コルテオでした
関連記事
スポンサーサイト
Secret